51% 五割一分

51% 五割一分

企画展 MAKI TEXTILE STUDIO
「より心地よく、そして美しいもの」

2024.06.13/ EVENT
企画展 MAKI TEXTILE STUDIO 
「より心地よく、そして美しいもの」

企画展 MAKI TEXTILE STUDIO  
「より心地よく、そして美しいもの」

「手づくりだから良いということではなくて、心地よく、美しいものを追求してゆくと結果そうなったんです」

 

これは、真木テキスタイルスタジオ主宰の真木千秋さんの言葉だ。

1980年代から世界の隅々に素材を追いもとめ、2017年に完成した北インドの工房で繭から糸を紡ぎ、天然の染料で染め、手織機で布に織る。

この度、五割一分では、下記の2会場にて、同スタジオで制作された心躍る「暮らし」に纏わる品々をご紹介いたします。

 

51% Store [富山]では、会期初日の7月20日(土)に真木テキスタイルスタジオ会長の田中ぱるば氏によるトークイベントを予定しております。1年に何度もインドの工房を訪れる田中ぱるばさん。インドの工房での制作風景など写真を交えながらお話をしていただきます。

東京開催

会期:2024年7月6日(土) - 8日(月) , 7月13日(土) - 15日(月祝) 

場所:51% Tokyo   [12:00-19:00]

   東京都渋谷区代々木5-67-2  前田ビル1F

        tel 03-5577-6293

        Instagram @51.tokyo

   *51% Tokyoは、通常ご来店予約制ですが、会期中はご予約不要です。

 

富山開催

会期:2024年7月20日(土) - 28日(日)

場所:51% Store [11:00-19:00]

   富山県富山市磯部町3-8-6

        tel 076-491-5151

        Instagram @51.store

田中ぱるば氏によるお話会

日程:2024年7月20日(土) 15:00- 

会場:51% Store [富山県富山市磯部町3-8-6 五割一分 2F]

 

□予約制 (参加無料 / 定員20名程度)

ご予約フォーム

 上記ご予約フォームよりお申込みください。

 駐車場に限りがあるため、できるだけお乗り合わせにてご来場いただけますと幸いです。

 

田中ぱるば氏 / Maki Textile Studio

1990年真木千秋さんとともに真木テキスタイルスタジオ設立

ご本人曰くは「真木テキスタイルスタジオCYO(用務取締役)」

会長として現在に至る。

真木千秋 / Chiaki Maki

[Instagram @chiakimaki  @gangamaki ]

真木テキスタイルスタジオ主宰。日本とアメリカでテキスタイルを学んだ後、世界各国の旅して染織のルーツを探る。1986年、インドのタッサーシルクに出会って惹かれ、デリーの工房の協力で織物づくりを開始。西表島の石垣昭子さんと共に芭蕉布や苧麻、沖縄の染料と合わせた織物も作る。1996年、真木テキスタイルスタジオ青山店をオープン、2006年青山店を閉店し、東京武蔵五日市市に竹林shopをオープン。2009年、インド北部のデラドンに真木テキスタイル直営の工房を設立。2017年にはインドの建築家スタジオ・ムンバイによる新工房が完成した。1年の半分以上、インドに滞在し制作活動を行っている。

真木テキスタイルスタジオ HP

企画展 MAKI TEXTILE STUDIO 
「より心地よく、そして美しいもの」
企画展 MAKI TEXTILE STUDIO 
「より心地よく、そして美しいもの」
企画展 MAKI TEXTILE STUDIO 
「より心地よく、そして美しいもの」
企画展 MAKI TEXTILE STUDIO 
「より心地よく、そして美しいもの」
Written by 51% Store
51% Storeは、富山と東京に実店舗を構えるライフスタイルショップ。家具や照明、カーテン、ラグ、アート、器など暮らしに関わるプロダクトを取り扱っています。流行に左右されないタイムレスで心踊るデザインを探し続けています。
Editing by 51%
ある陶芸家さんが言いました。「美しいか、否か?なんてのは、ほんの些細な違いだよ」「いつも51対49でせめぎ合ってるよ」「だから僕達創り手は、ほんの些細なその1%に魂を込めて、その1%に願いを託すんだ」いつもややこしいと言われる五割一分の名の由来は、その時のお話からいただいたものです。