Now Loading...

デンマーク、1872年創業。
フリッツ・ハンセン(Republic of Fritz Hansen™)は、社名の由来となった創業者、フリッツ・ハンセン氏が1872年にデンマークで創業したブランドです。時代に左右されないデザインを生み出すことを使命とし、グローバルブランドとして、世界中にショールームや店舗を展開しています。
アルネ・ヤコブセン、ポール・ケアホルムといった巨匠と評されるデザイナーたちの名作家具を作り続けながら、ピエロ・リッソーニ、セシリエ・マンツ、ハイメ・アジョンなど世界中の才能あるデザイナーとのコラボレーションにより新しいラインアップを充実させる努力を続けています。2016年にインテリアアクセサリー小物コレクションである「オブジェクツ」を発表し、2015年には、デンマークの照明メーカーであるライトイヤーズを傘下に収めました。ライトイヤーズは、セシリエ・マンツやガム・フラテーシ、クリスチャン・デルなど、デンマーク国内外のデザイナーとのコラボレーションによりコンテンポラリーな照明器具を制作しています。
私たちは、家具、照明、アクセサリーには空間の美しさを最大限に引き出し、そこで暮らし働く人々の心を豊かに彩る力があると信じ、快適さを追求しつつ美しいデザインを提案しています。
デンマーク、1872年創業。
フリッツ・ハンセンは、創業者、フリッツ・ハンセン氏が1872年にデンマークで創業したブランドです。グローバルブランドとして、世界中にショールームや店舗を展開しています。
アルネ・ヤコブセン、ポール・ケアホルムといった巨匠と評されるデザイナーたちの名作家具を作り続けながら、ピエロ・リッソーニ、セシリエ・マンツ、ハイメ・アジョンなど世界中の才能あるデザイナーとのコラボレーションにより新しいラインアップを充実させる努力を続けています。2015年には、デンマークの照明メーカーであるライトイヤーズを傘下に収めました。
デンマーク、1908年創業。
カール・ハンセン&サンの歴史は、デンマーク・オーデンセの小さな工房からはじまります。以来100年以上に渡り、妥協の無いクラフトマンシップと、デンマークを代表するデザイナーとの協働作業により、タイムレスなデザインを世に送り出してきました。
ハンス J.ウェグナーとの協働作業がスタートしたのは1949年。当時まだ無名だったデザイナーに社運を託した時に始まります。以降、ウェグナーが生涯デザインした中でベストセラーとなるYチェアをはじめ、数々の名作デザインを発表。斬新なデザインと伝統的な職人技術によって、次世代へと受け継がれるモダンデザインを生み出してきました。カール・ハンセン&サンは今もなおウェグナーデザインをもっとも数多く生産している家具メーカーです。
近年は、オーレ・ヴァンシャー、コーア・クリント、モーエンス・コッホ、そしてポール・ケアホルムなど、ミッドセンチュリーを代表するデザイナーの家具も製作。そのビジョンに敬意をはらい、忠実に再現するために、各デザイナーのご遺族やデザイン事務所と密接な連携を続けています。
カール・ハンセン&サンの企業理念は、長い間培ってきたクラフトマンシップと最新技術を融合し、吟味された最高級の素材で製作する、シンプルで美しい機能的な家具をより多くの人々の生活に届けること。すべての木製品をデンマーク国内で製作しています。
デンマーク、1908年創業。
カール・ハンセン&サンは、100年以上に渡り、妥協の無いクラフトマンシップと、デンマークを代表するデザイナーとの協働作業により、タイムレスなデザインを世に送り出してきました。
ハンス J.ウェグナーとの協働作業がスタートしたのは1949年。以降、彼が生涯デザインした中でベストセラーとなるYチェアをはじめ、数々の名作デザインを発表。今もなおウェグナーデザインをもっとも数多く生産している家具メーカーです。近年は、オーレ・ヴァンシャー、コーア・クリント、モーエンス・コッホ、そしてポール・ケアホルムなど、ミッドセンチュリーを代表するデザイナーの家具も製作しています。
デンマーク、1874年創業。
1924年、ポール・ヘニングセンはルイスポールセンのために“パリ・ランプ”をデザインしました。光をかたちづくる、というルイスポールセンのデザイン手法は、光とデザインの2つをお互いに作用させようするヘニングセンの考えに遡ることができますが、このランプは、その先駆けとなりました。
ルイスポールセンは、形態は機能に従う、というスカンディナヴィア・デザインの伝統にもとづく製品づくりを実践しています。わたしたちの製品の機能とデザインはどれも、自然の光のリズムを反映し、サポートするよう意図されています。製品のすべてのディテールが目的を持っており、デザインのすべては光に始まり、光に終わります。
光として質が高く、視覚的にも美しい製品を生みだす情熱的なクラフツマンシップ。それをわたしたちは信じています。
ルイスポールセンは、才気あふれるアーキテクトやデザイナーとの密接なパートナーシップによって、住宅、建築、街並みの照明のためのグローバルなトップ・プレイヤーのひとつとして、地位を築いてきました。わたしたちの製品の用途はプライヴェートな住宅から公共建築、屋内、屋外すべての範囲に及びます。
シンプルで美しいデザイン。それがルイスポールセンの特徴です。 人々と空間に影響を与える魅力的な雰囲気を作りだすことが、わたしたちの目的です。
わたしたちがおこなうのは、光をかたちづくるデザインです。
デンマーク、1874年創業。
1924年、ポール・ヘニングセンはルイスポールセンのために“パリ・ランプ”をデザインしました。光をかたちづくる、デザイン手法は、光とデザインの2つをお互いに作用させようするヘニングセンの考えに遡ることができますが、このランプは、その先駆けとなりました。
ルイスポールセンは、形態は機能に従う、というスカンディナヴィア・デザインの伝統にもとづく製品づくりを実践しています。製品の機能とデザインはどれも、自然の光のリズムを反映し、サポートするよう意図されています。製品のすべてのディテールが目的を持っており、デザインのすべては光に始まり、光に終わります。
スイス、1885年創業。
2015年50周年を迎えたUSMモジュラーファニチャーは“良い物を長く使う”スイスの物づくりを代表するブランドのひとつとして、創業の地であるベルン近郊のミュンジンゲンに拠点を置いています。半世紀にわたって「形態は機能に従う」という設計理念を具現化した、組み合わせ自由なシステムファニチャーを世界に送り出してきました。
USMモジュラーファニチャー誕生の背景は、1960年、USM創業者ウルリッヒ・シェアラーの孫で工学修士である3代目経営者ポール・シェアラーが新しい工場とオフィス別館の建設を計画したところから始まります。当時スイスのソロトゥルンを拠点としていた建築家フリッツ・ハラーと出会い、この若き建築家が提案するユニークな鉄骨モジュラー建築システムに、自身の理想とするフレキシブルな工場建築の実現の可能性を見出しました。その後二人は、自社オフィスで使うための家具システムの開発にも着手し、建築のモジュラーコンセプトを基に様々な空間に柔軟に対応する家具システム「USMハラー」が誕生しました。
高品質の素材、時代の流行に左右されない普遍的なデザイン、そしてモジュール構造をもつUSMは、優れたモダンクラシックデザインとして、2001年にニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久コレクションに認定されました。時代と共に変化するオフィス、商業施設、ご家庭など世界の様々な生活空間で使われています。
スイス、1885年創業。
2015年50周年を迎えたUSMモジュラーファニチャーは“良い物を長く使う”スイスの物づくりを代表するブランドのひとつとして、創業の地であるベルン近郊のミュンジンゲンに拠点を置いています。半世紀にわたって「形態は機能に従う」という設計理念を具現化した、組み合わせ自由なシステムファニチャーを世界に送り出してきました。
USMモジュラーファニチャー誕生の背景は、1960年、USM創業者ウルリッヒ・シェアラーの孫で工学修士である3代目経営者ポール・シェアラーが新しい工場とオフィス別館の建設を計画したところから始まります。
スイス、1950年創業。
ヴィトラの歴史は、1934年、ウィリ・フェルバウム、エリカ・フェルバウム夫妻がスイス、バーゼルの近くビルスフェルデンにて、店舗什器のビジネスをスタートしたところから始まりました。1967年、ウィリ・フェルバウムはデンマーク人デザイナー、ヴァーナー・パントンとともに世界初のプラスチック一体成形型チェアであるパントンチェアの開発に成功しました。それから後も、世界的なデザイナーの創造性と自社の開発力によって製品とコンセプトを生み出し、そのデザインの力を通してホーム、オフィス、公共スペースの空間の質の向上に貢献。美意識あるタイムレスなデザインと機能的な製品の創造を追及しています。またスイスとドイツの国境沿い、ドイツ側のヴァイルアムラインに位置する、広大な敷地のヴィトラキャンパスは、ヘルツウォーク&ド・ムーロン、ザハ・ハディッドや安藤忠雄、SANAAなど世界的に著名な建築家が手掛けた非常にユニークな建築物が集まる「建築の聖地」として知られています。ヴィトラキャンパス内のヴィトラデザインミュージアムでは、建築やデザインだけに留まらない、アートやカルチャーまで幅広い企画展やワークショップを実施、さらに出版物の発行など、多様な側面を有しています。
スイス、1950年創業。
Vitraの歴史は、1934年、ウィリ・フェルバウム、エリカ・フェルバウム夫妻がスイス、ビルスフェルデンにて、店舗什器のビジネスをスタートしたところから始まりました。世界的なデザイナーの創造性と自社の開発力によって製品とコンセプトを生み出し、そのデザインの力を通してホーム、オフィス、公共スペースの空間の質の向上に貢献。またスイスとドイツの国境沿い、ドイツ側位置する、広大な敷地のヴィトラキャンパスは、ヘルツウォーク&ド・ムーロン、ザハ・ハディッドや安藤忠雄、SANAAなど世界的に著名な建築家が手掛けた建築物が集まる「建築の聖地」として知られています。
フィンランド、1935年創業。
北欧モダンを代表するインテリアブランド「アルテック」は、アルヴァ・アアルト、アイノ・アアルト、マイレ・グリクセン、そしてニルス=グスタフ・ハールの若き4人により 「家具を販売するだけではなく、展示会や啓蒙活動によってモダニズム文化を促進すること」を目的に、ヘルシンキで設立されました。新たな家具事業は、商業的な側面を超えた文化的な使命でもありました。国際的なモダニズムの思想をフィンランドに取り入れ、それを北欧の視点で解釈したアアルトの思想を、今度は世界に広めようとしました。アルテックという社名は「アート(芸術)」と「テクノロジー(技術)」というモダニズムのキーワードを掛け合わせた造語です。テクノロジーはアートを取り入れることで洗練されたものとなり、アートはテクノロジーの力で機能的で実用的なものになると信じていました。それから80年経った現在、アルテックのコレクションはフィンランドデザインの巨匠たち、さらに国際色豊かなデザイナーたちとの協働から生まれた家具を始め、照明器具、アクセサリーによって構成されます。アルテックの創業者たちも同じ思いを社名に込めたのです。創業した4人の先鋭的な精神を受け継ぎ、アルテックはデザイン、建築そしてアートの交点に立ち、未来への道を切り開き続けています。
フィンランド、1935年創業。
北欧モダンを代表する「アルテック」は、アルヴァ・アアルト、アイノ・アアルト、マイレ・グリクセン、そしてニルス=グスタフ・ハールの若き4人により 「家具を販売するだけではなく、展示会や啓蒙活動によってモダニズム文化を促進すること」を目的に、ヘルシンキで設立されました。アルテックという社名は「アート(芸術)」と「テクノロジー(技術)」というモダニズムのキーワードを掛け合わせた造語です。テクノロジーはアートを取り入れることで洗練されたものとなり、アートはテクノロジーの力で機能的で実用的なものになると信じていました。
日本、1928年創業。
広島で創業した木工家具ブランド。創業当時としては、難度の高い「木の曲げ加工技術」を確立したのち、それまで手工業の域を出なかった日本の家具づくりに対し、「工芸の工業化」をめざし、工芸的な美しさのある家具を手の届く価格でお届けするために、職人の手仕事と機械加工のバランスを追及したモノづくりを続けてきました。近年では、開発パートナーにプロダクトデザイナーの深澤直人氏を迎え、「HIROSHIMA」をはじめとしたMARUNI COLLECTIONを展開。「人間的な温もりがありながら、精緻で清浄なイメージがこのコレクションで目指すものです」と深澤直人氏は語ります。2009年にミラノサローネに初めて出展して以来、多くの注目が集まり、今では世界29ヵ国に展開されるまでに成長しました。2010年より深澤直人氏をアートディレクターとして迎え入れ、MARUNI COLLECTIONを世界に誇る日本発の家具ブランドとして確立させるため、新たな1歩を踏み出しました。そして2011年にはジャスパー・モリソン氏もデザイナーとして参加し、更なる高みを目指しています。デザイナーと技術者が真摯に向き合い、木の魅力を引き出すデザインと、職人による精緻なモノづくりによって、100年経っても「世界の定番」として認められる木工家具をつくり続けています。
日本、1928年創業。
広島で創業した木工家具ブランド。創業当時は、それまで手工業の域を出なかった日本の家具づくりに対し、「工芸の工業化」をめざし、工芸的な美しさのある家具を手の届く価格でお届けするために、職人の手仕事と機械加工のバランスを追及したモノづくりを続けてきました。近年では、プロダクトデザイナーの深澤直人氏をアートディレクターとして迎え、「HIROSHIMA」をはじめとしたMARUNI COLLECTIONを展開。2009年にミラノサローネに初めて出展して以来、多くの注目が集まり、今では世界29ヵ国に展開されるまでに成長しました。
デンマーク、1953年創業。
PPモブラー社は高品質な工芸デザインの伝統生産を手掛ける家族経営の工房です。
小さな工房からスタートしたPPモブラー社は、現在では北欧家具の名門工房の1つに数えられるまでとなりました。
PP moblerを名門に押し上げたのは、北欧家具デザインの巨匠・ハンス・J・ウェグナーとのコラボレーション。彼のデザインとPP moblerの職人による妥協を許さない生産技術が出会い、数々の名作を誕生させました。現在も、仕上げまで全工程を自社工房で行い、職人の手仕事で高品質な家具を製造。「The Chair」(ザ・チェア)や「PP550」(ピーコック・チェア)など、歴史に名を刻む傑作を世に送り出し続けている。
技術と匠の技、そしてクラフトマンシップが結集されてこそ、品質を高めることができる、
そんな信念と、「木」に対する深い愛情がPPモブラーの原動力です。
PPモブラーの職人は皆革新的で、材料へのゆるぎない経緯があるからこそ、日々の仕事を通じて技術を高め、模索し続けています。PPモブラー社が使う木材の多くは、デンマークとドイツに広がる、持続可能な美しい森からやってきます。
PPモブラー社の唯一の目的は、何世代にもわたって日々使い続けてもらえる、美しく機能的な家具を生み出すことなのです。
デンマーク、1953年創業。
小さな工房からスタートしたPPモブラー社は、現在では北欧家具の名門工房の1つに数えられるまでとなりました。PP moblerを名門に押し上げたのは、北欧家具デザインの巨匠・ハンス・J・ウェグナーとのコラボレーション。彼のデザインとPP moblerの職人による妥協を許さない生産技術が出会い、数々の名作を誕生させました。現在も、仕上げまで全工程を自社工房で行い、職人の手仕事で高品質な家具を製造。「The Chair」(ザ・チェア)や「PP550」(ピーコック・チェア)など、歴史に名を刻む傑作を世に送り出し続けている。
デンマーク、1911年創業。
受け継がれてきた伝統と、革新的なチャレンジこそが今日のフレデリシア社が最も大切にしているものです。フレデリシア社は創業当時から変わらず一族により経営されてきました。
デンマークの張りメーカーとしてスタートし、創業者のアンドレアス・グラバーセンが、経営難に陥っていた椅子メーカーを買収したことから始まります。後に北欧家具デザイナーの4大巨匠の一人と称されるようになるボーエ・モーエンセンをデザイナーに起用したことで、一気に業績が回復。歴史に残る北欧家具の名作を次々と発表し、1950年代のデンマークモダンデザインの発展では、なくてはならない存在として、大きな役割を担い、現在に至ってはFredericiaは世界を代表するブランドにまで成長しました。
1959年に発表された「THE SPANISH CHAIR」(スパニッシュチェア)は、モーエンセンの代表作であると同時に、フレデリシアのブランド・アイコンとも言うべき名作。また、1993年にナナ・ディッツェルがデザインした「トリニダッドチェア」も世界中から称賛を浴びました。新進デザイナーの作品も手掛け、次代の名作の開発にも余念がない。今後も世界に良質な家具を輩出し続けるだろう、北欧の最重要ブランドの1つです。
デンマーク、1911年創業。
受け継がれてきた伝統と、革新的なチャレンジこそが今日のフレデリシア社が最も大切にしているものです。デンマークの張りメーカーとしてスタートし、創業者のアンドレアス・グラバーセンが、経営難に陥っていた椅子メーカーを買収したことから始まります。後に北欧家具デザイナーの4大巨匠の一人と称されるようになるボーエ・モーエンセンをデザイナーに起用したことで、一気に業績が回復。歴史に残る北欧家具の名作を次々と発表し、現在では、新進デザイナーの作品も手掛け、次代の名作の開発にも余念がない。今後も世界に良質な家具を輩出し続けるだろう、北欧の最重要ブランドの1つです。
イタリア、1962年創業。
イタリアデザイン界の巨匠DINO GAVINAの呼びかけのもと、PIER GIACOMO & ACHILLE CASTIGLIONI兄弟、TOBIA SCARPA、MAX HUBER、CESARE CASSINAといった卓越したデザイナー達が結集し、企業家ARTURO EISEKEILによってアメリカから導入された「コクーンCOCOON」と呼ばれる繊維状の特殊な新素材を使って作られた照明がFLOSの原点。50年以上の長きに渡り、最新の革新的な技術を駆使してシンプルでモダンな照明デザイン・ソリューションを提供し続けている。また、PHILIPPE STARCK, JASPER MORRISON, KONSTANTIN GRCIC、MARCEL WANDERS、MICHAEL ANASTASSIADESらを初めとする才能豊かなプロダクトデザイナーたちとのコラボレーションにより数々の名作照明を発表。2005年からはスペインのarchitecture lightingのトップメーカーAntares(アンタレス)との協業により、一般に多く知られる住宅向けのデコラティブ照明のほかに、ハイエンドな商業施設や公共建築向けのarchitecture照明も多く手掛ける。近年はANOTONIO CITTERIOやPIERO LISSONI等の一流デザイナーを起用し、「BELVEDERE」シリーズや「BOX」シリーズ、「KTRIBE」シリーズなどの独自のデザインを施したアウトドア照明も注目を集めている。また、リサイクル可能で建築空間と照明が一体となったユニュークな照明ソリューション「SOFT ARCHITECTURE」シリーズを提案し、照明の総合ブランドとして確固たる地位を構築し、新しい分野の開拓を推進している。
イタリア、1962年創業。
イタリアデザイン界の巨匠ディーノ・ガヴィーナの呼びかけのもとアキッレ&ピエロ・ジャコモ・カスティリオーニ兄弟、トビア・スカルパといった卓越したデザイナー達が結集し、「コクーン」と呼ばれる繊維状の新素材を使って作られた照明がFLOSの原点。後に、フィリップ・スタルク、ジャスパー・モリソン、コンスタンチン・グルチッチ、マルセル・ワンダース、マイケル・アナスタシアデス、アントニオ・チッテリオ、ピエロ・リッソーニらを初めとする才能豊かなプロダクトデザイナーたちとのコラボレーションにより数々の名作照明を発表し、確固たる地位を構築し、新しい分野の開拓を推進している。
デンマーク、1943年創業。
20世紀初め、デンマークの著名な建築家P.V.イエンセン・クリントは、紙を規則的に折り上げて作る、手づくりのランプシェードを生み出しました。60周年を迎えた2003年には、デンマーク王室御用達にも選定されるなど、1世紀を経てもなお、レ・クリント家の手づくりならではのフォルムは、当時の精神とともに受け継がれています。創業当時から続くハンドワークならではの美しい光と影は、心を潤すあかりの芸術品として、そして美しいフォルムはクォリティ・オブ・ライフを追及する北欧デザインの代表作として、世界中と魅了し続けています。
デンマーク、1943年創業。
20世紀初め、デンマークの著名な建築家P.V.イエンセン・クリントは、紙を規則的に折り上げて作る、手づくりのランプシェードを生み出しました。60周年を迎えた2003年には、デンマーク王室御用達にも選定されるなど、1世紀を経てもなお、レ・クリント家の手づくりならではのフォルムは、当時の精神とともに受け継がれています。創業当時から続くハンドワークならではの美しい光と影は、心を潤すあかりの芸術品として、そして美しいフォルムはクォリティ・オブ・ライフを追及する北欧デザインの代表作として、世界中と魅了し続けています。
スウェーデン、1889年創業。
カスタールはラグメーカーとしてスウェーデン西部の小さな町”Kinna(シンナ)”で創業しました。現在では世界三十数か国に輸出してモダンラグのトップブランドとしての地位を築いています。今も工場は創業当時と同じ場所にあり、デザインをはじめラグに使用する特殊な糸の加工から、生産まで一貫して行っているヨーロッパでも希なメーカーです。顧客の注文ごとに職人が一枚一枚生産(お仕立て)するラグは量産品ではけっして真似のできない確かな品質と長い時間が重ねられた工場ならでは漂う深い味わいがあります。ラグに取り付けられる革タグにはデザイナー名、製造番号の他、職人の名前などが記されます。
カスタールがラグに使用する糸は天然素材のウールとリネン(亜麻)です。ウールはヨーロッパやニュージーランド産、リネンはフランスのノルマンディーとベルギーのフランドル産に限定しています。いずれの素材もカスタール独自の基準で選別されます。デザインはベーシックを基本としながらも洗練されたモダンを常に求め、グニラ・L・ウルベルグ(インハウスデザイナー)やジャン・マリー・マソー、パオラ ナボーネなどをデザイナーに起用して毎年春に新製品を発表しています。
カスタール社のこうした姿勢からスウェーデン王室の紋章の使用を許されています。
スウェーデン、1889年創業。
カスタールはスウェーデン西部の小さな町”Kinna(シンナ)”で創業しました。現在では世界三十数か国に輸出してラグのトップブランドとしての地位を築いています。今も工場は創業当時と同じ場所にあり、デザインをはじめラグに使用する特殊な糸の加工から、生産まで一貫して行っているヨーロッパでも希なメーカーです。
カスタールがラグに使用する糸は天然素材のウールとリネン(亜麻)です。ウールはヨーロッパやニュージーランド産、リネンはフランスのノルマンディーとベルギーのフランドル産に限定しています。カスタール社のこうした姿勢からスウェーデン王室の紋章の使用を許されています。
デンマーク、1968年創業。
1968年にデンマークで創業したKvadratは、北欧の伝統に根ざしたデザインをルーツとしながら、さまざまな分野のアーティストと最高品質のテキスタイルを生み出しています。テキスタイルにおけるデザインフィロソフィー、芸術性、そして技術革新を徹底的に追求したKvadrat社の製品は、世界で活躍する建築家、デザイナーだけでなく、一流家具メーカーの張り地としても採用されています。現在、Kvadratのテキスタイルコレクションは、家具の張り地、カーテン、アコースティックパネル、ラグなどで構成され、現在150のデザインパターンと3,500色のカラー展開をしています。すべての製品には、弊社の色や品質、シンプルさやイノベーションに対する深い思いと責任ある取り組みが反映されています。
Kvadrat では、Miriam Bäckström、Tord Boontje、Ronan & Erwan Bouroullec、Thomas Demand、Olafur Eliasson、Alfredo Häberli、Akira Minagawa、Giulio Ridolfo、Peter Saville、Finn Sködt、Roman Signer、Patricia Urquiola など、様々な分野で活躍する世界中のデザイナー、建築家、および芸術家とのコラボーレションを展開してきました。
デンマーク、1968年創業。
クヴァドラ社は、さまざまな分野のアーティストと最高品質のテキスタイルを生み出しています。デザインフィロソフィー、芸術性、そして技術革新を徹底的に追求した製品は、世界で活躍する建築家、デザイナーだけでなく、一流家具メーカーの張り地としても採用されています。現在、Kvadratのテキスタイルコレクションは、家具の張り地、カーテン、アコースティックパネル、ラグなどで構成され、現在150のデザインパターンと3,500色のカラー展開をしています。すべての製品には、弊社の色や品質、シンプルさやイノベーションに対する深い思いと責任ある取り組みが反映されています。
スウェーデン、200年以上前に創業。
Kinnasand(キナサン)の上質な素材と技術を駆使してつくりだされるカーテンとラグは、細部にいたるまでこだわった、モダンで洗練されたデザインが特徴的なブランドです。時代を超え愛される北欧デザインと伝統技術を活かしながら、常に新しいライフスタイルを提案しています。クリエイティブ・ディレクター Isa Glink|イサ・グリンクが手がけたコレクションは、これまでにドイツデザインアワード、インテリアイノベーションアワード、ICFFエディターズアワード、ドイツ連邦共和国デザイン賞、レッドドットデザインアワードをはじめ、国内・海外の栄誉あるデザイン賞を多数受賞しています。
Kinnasandは、イタリア、スイス、ドイツ、ベルギー、スウェーデンで最高の技術を誇る織布工場、染色工場、印刷会社と独占契約を交わしています。Kinnasandのデザインチームは、デザインとは単にテキスタイルの表面をデザインすることではなく、最先端の製品の結実にいたるまでの、総合的でクリエイティブなプロセスであるととらえています。高度な処理とクオリティの高いデザイン、そして驚きにあふれるコンセプトが生み出すKinnasandのテキスタイルは、数々の世界的な賞を受賞してきました。Kinnasandのクオリティの高い製品は、私たちが豊かな経験に照らして素材を厳選、処理し、最新技術と組み合わせることから生まれます。
Kinnasandのチームは、地元の製造業者とじっくりと深く対話しながら、斬新なソリューションを開発し、最高級のクオリティをそなえた製品をお届けしています。
スウェーデン、200年以上前に創業。
キナサンの上質な素材と技術を駆使してつくりだされるカーテンとラグは、細部にいたるまでこだわった、モダンで洗練されたデザインが特徴的です。クリエイティブ・ディレクターのイサ・グリンクが手がけたコレクションは、これまでに国内・海外の栄誉あるデザイン賞を多数受賞しています。キナサンは、イタリア、スイス、ドイツ、ベルギー、スウェーデンで最高の技術を誇る織布工場、染色工場、印刷会社と独占契約を交わしています。
キナサンのチームは、地元の製造業者とじっくりと深く対話しながら、斬新なソリューションを開発し、最高級のクオリティをそなえた製品をお届けしています。